トップ > お客様係 > よくあるご質問(商品のQ&A)

よくあるご質問(商品のQ&A)

薬の飲み方についての疑問にお答えします。

薬はお茶やジュースでのんでもいい?
薬をのみ忘れたが、一度に2回分のんでも大丈夫?
子どもが薬を嫌がってのまない時は、どうすればいい?
薬をのんだ後に妊娠がわかったけど大丈夫?
授乳中ですが薬をのんでも大丈夫?
お年寄りが薬を飲むときの注意点は?
子どもが薬を飲むときの注意点は?


薬はお茶やジュースでのんでもいい?

お茶にはタンニン(渋味)が含まれているので、貧血の薬である鉄剤をお茶でのむとタンニンと鉄が結合して身体に吸収されないといわれていましたが、最近は問題がないといわれています。 また、薬をグレープフルーツなどの果汁と一緒にのむと薬の吸収率が高まり、効きすぎることになるので副作用を起こすことがあります。
お茶、コーヒー、コーラ、チョコレートなどに含まれているカフェインは薬の作用が強くでます。 抗生物質の種類によっては、牛乳でのむと吸収が低下し、薬が効きにくくなるものもあります。 ですから、薬はなるべくコップ一杯の水や白湯でのむようにして下さい。


薬をのみ忘れたが、一度に2回分のんでも大丈夫?

続けてのまなければいけない薬をのみ忘れたからといって、2回分をまとめて服用しないで下さい。血液中の薬の濃度が2倍になって副作用が起こったりします。
のみ忘れに気づいたら、すぐに服用し、次回の分を少しずらして下さい。間隔があまりに近づいている時は、1回分をぬき、それ以後はもとの服用時間にもどして下さい。


子どもが薬を嫌がってのまない時は、どうすればいい?

子どもは薬を上手に飲めないし、特に苦い薬は苦手です。しかし、哺乳びんに入れたり、牛乳に溶かしたりして飲ませることはしないで下さい。ミルク嫌いになることがあります。
ハチミツはボツリヌス菌が入っている可能性があり、1歳以下の子どもでは体内で処理できないので、使わないで下さい。抗生物質の顆粒剤の中には、酸性条件で分解するものがありますので、酸性のジュースやヨーグルトに混ぜるのも好ましくありません。砂糖などを少し加えたり、アイスクリームやジャムに混ぜたりします。
もともと甘い場合は、少しずつ口に入れてやり、最後に水か白湯をのませてやります。氷を入れてやってもいいでしょう。また、2〜3歳になってくると苦い薬だけど、のまないといけないことを説明し、コップに水と砂糖を一緒に入れて一気にのませたりします。上手にのめた時は、しっかりと誉めてやりましょう。


薬をのんだ後に妊娠がわかったけど大丈夫?

妊娠初期は、赤ちゃんの身体の器官がつくられる大切な時期ですが、妊娠に気づくのは4週過ぎた頃、妊娠2ヶ月に入っていますから、ほとんどの人は妊娠に気づかずに薬を飲んでしまいます。妊娠を希望するのでしたら、日頃から薬は使わないようにすることです。
妊娠初期に使用することで催奇形性の可能性認められている薬は、抗がん剤、ホルモン剤、抗生物質、精神科の薬、痛み止め(アスピリン)、ビタミンA剤などがあります。ですから妊娠と気づいたら、すぐ薬の使用をやめることです。
大衆薬の場合は連用している可能性は少ないため、そんなに心配することはありません。ほとんどの人がそういう経験をしていますが、元気な赤ちゃんを産んでいます。
病気治療で上記のような薬を使用している場合は、主治医とよく相談して計画的に薬を減らしていったり、別の薬に変更してもらうことも可能なはずです。
また、タバコを吸う人は、大事な栄養素やビタミンを多く必要とするため、タバコを吸う母親から産まれた子には未熟児が多く、死亡例が高いので、できることならタバコをやめましょう。


授乳中ですが薬をのんでも大丈夫?

アメリカの小児科学会の発表では、大部分の薬は母乳中に出ますが、その量はごく微量で、赤ちゃんが1Lのんだとしても、その中に含まれる薬の量は、お母さんが飲んだ薬の量の1%にもならないので、赤ちゃんに与える影響はほとんどないと考えてよいということです。ただ、便秘の薬(センナ、アロエ)、鎮痛剤、風邪薬はなるべくのまないようにした方がいいでしょう。オッパイをあげる1年弱我慢して下さい。十分な栄養をとり、休養して病気にならないようにしましょう。
どうしても薬をのむ必要がある時は、授乳後すぐにのんで下さい。3〜4時間後には、薬の血中濃度が半分になりますので、赤ちゃんへの影響も少なくなります。


お年寄りが薬をのむときの注意点は?

年齢と共に身体の働きは変化してきています。まず、年をとると胃液の分泌が減り、胃腸の運動が低下します。肝臓や腎臓の機能も低下します。ですから薬が代謝、排泄されにくく、成人と同量の薬が投与されると、強く効きすぎたり、副作用がでてくることになります。
かかる病気の種類や回数が多くなり、服用する薬が増えることもあり、高齢者の薬の管理は非常に難しいのです。薬の量は、一般に成人の1/2〜1/3程度の少量から始めるのが望ましいとされています。


子どもが薬をのむときの注意点は?

子どもは決して大人の小型ではありません。成人に対しての薬の用量の何分の1かを単純にのませればよいというものでは決してないのです。胃も腸も肝臓も腎臓も未熟です。
経験的に体表面積をもとに小児の用量を換算して決めている薬もありますが、子どもには絶対与えてはいけない薬もあります。それは小児がのむと危険な成分が含まれているからです。例えば、アスピリン(バファリンA)は、インフルエンザや水ぼうそうの時に服用すると、ライ症候群という重い病気にかかることがあります。その為に、小児用の大衆薬にはアスピリンを配合したものはありませんが、大人用にはアスピリンは使われています。
ですから、大人用の量しか書かれてないな薬を分割して子どもの与えるなどということは絶対にしないで下さい。


page top


薬をのみ忘れたが、一度に2回分のんでも大丈夫?

服用前に必ず添付文書をお読み下さい。

薬の箱の中にある添付文書には用法・用量、効能・効果などのほか、使用上の注意、副作用など、正しく安全にご使用いただく上で大切な情報を記載しています。
必ずよく読み、用法・用量、保管事項を守って使用し、薬を使い終わるまで大切に保管してください。

医療機関で治療を受けている方へ

疾患によっては一般用医薬品を使用する事でその症状が悪化したり、治療が妨げられることがございますので服用前に必ずかかりつけの医師又は薬剤師へご相談下さい。

妊婦・妊婦の可能性のある方・授乳婦の方へ

胎盤や母乳を介して薬の成分が赤ちゃんに移行することがございますので服用前に必ずかかりつけの医師又は薬剤師へご相談下さい。

乳児・小児の一般用医薬品の服用について

小児は薬の成分の影響を受けやすいため、一般用医薬品での対処は最小限にとどめ、必ず年齢に応じた用法・用量にて使用してください。
また、服用後は状態をよく観察し、変わった兆候が現れた際は早めに医療機関にて診察を受けてください。

薬の副作用

副作用の症状には眠気などの軽いものから重いものまであります。
一般用医薬品を使用して副作用と思われる症状を感じた時や異常を感じた時には薬の使用を中止し、かかりつけの医師又は薬剤師へご相談下さい。

お茶やコーヒー、ジュースでの服用について

お茶やコーヒー、ジュースに含まれる成分により薬の効果に影響が出る場合がございますので、お水か白湯でお飲みください。

飲酒時、飲酒前後の服用について

アルコールは薬の効果を増強したり減少させるだけでなく、肝臓や腎臓にも負担がかかりますので服用している時、またその前後はお酒を飲まないようにしてください。

薬同士の併用について

一般用医薬品は1つの医薬品の中に作用の異なる成分を組み合わせていることが多く、薬同士の併用をした場合、成分が重なり副作用を起こす危険性がありますので併用は避けてください。

配置期限の切れた薬について

絶対に使用しないでください。

page top