トップ > 布亀ってどんな会社? > CSR

CSR

布亀ってどんな会社?(トップ)事業内容布亀置き薬ものがたり採用情報News & Topics

私たちは、ご家庭とそこに住む一人ひとりの健康としあわせに役立つ企業、ご家庭の健康としあわせにとってなくてはならない企業として、社会のお役に立てることをめざします。

→ お客様との関わり(広報・お客様係)はこちら
→ 社会との関わりはこちら
→ コンプライアンスはこちら


お客様との関わり 広報・お客様係

よりお客様のお役に立てるサービスが提供できるよう、お客様からのお声を大切にしております。
布亀の取扱商品・サービスに関するご質問、お問合わせ、ご意見をいただくホットラインをご用意しております。また、薬剤師・管理栄養士がお客様の健康相談・漢方相談を無料で受けさせて頂いております。


page top

社会との関わり

クリーンマンデーの実施

全国にある布亀の配置薬営業所や牛乳のデリバリーセンターでは、毎週月曜日朝に周辺の清掃を率先して行い、地域のお客様のお役に立てるよう努めております。

災害時の関わり

緊急災害時にも、地域社会のお客様のお役に立てる行動を実施しております。

■東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
2011年3月11日、国内観測史上最大の規模を記録した東北地方太平洋沖地震が発生いたしました。
この震災により多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。
同時に被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げますとともに一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
私たち布亀にできることが何かないかと考え、微力ではございますが、被災者の皆様の救済や被災地の復興にお役立ていただけるよう、震災支援をさせていただきます。
【支援物資】
マスク50枚入2万箱(100万枚)、救急箱セット1,023個を、兵庫県産業労働部を通じて宮城県石巻市に寄贈いたしました。
【義援金】 全社ペットボトル義援金を実施するとともに、売上の一部を日本赤十字社を通じて 寄付いたします。

■阪神・淡路大震災の被害に対する支援について
1995年に発生した阪神・淡路大震災時には、各家庭を回っていた営業員が率先してお客様の安否を確認し、無料で水を配布しました。
1月17日(火)発生。20日(金)朝に冨山を出発し、21日(土)西宮着。トナミ運輸10tトラック4台で立山の水約2万本が到着。23日(月)より被災家庭にお見舞いに配布を開始しました。また、特別被災地区避難所857ヶ所中647ヶ所に救急箱を無料配布いたしました。

非営利団体への活動

■国連WFPへの支援
国連WFPは、世界のおよそ7億9,500万人を苦しめている飢餓の撲滅を使命に活動する国連唯一の食糧支援機関です。
世界では、いまも9人に1人が空腹な状態で、不安な日々を送っています。国連WFPは自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養不良の子ども、遺児、病人、老人など最も貧しい暮らしを余儀なくされている人を対象に、毎年平均、75ヵ国でおよそ8,000万人に食糧支援を行っています。

国連WFPの活動の柱の1つとなっているのが「学校給食プログラム」。
途上国では貧困などから、家庭の労働力として働くなどの理由で学校に通えない子どもたちがいます。
学校で無料の給食が出ると、親が子どもたちを積極的に学校に通わせるようになり、子どもたちも空腹が満たされ、集中して勉強することができます。
国連WFPは、これまで45年に渡る活動により、途上国の子どもたちに健全な成長を促し、教育の機会を提供しています。 今では38ヵ国が国連WFPからの給食支援を卒業し、自力で学校給食を実施しています。しかし、まだまだ支援が必要な国や地域がたくさんあります。
子どもたちを飢えから救い、健全な発育を後押しできるよう布亀株式会社は、今後も国連WFPの学校給食プログラムを支援します。

会社は売上金の一部、社員2,000人が積極的に世界WFP協会に寄付します。

■平成28年・年間寄付金総額 153,250円
■平成27年・年間寄付金総額 253,290円
■平成26年・年間寄付金総額 199,160円
■平成25年・年間寄付金総額 460,260円
■平成24年・年間寄付金総額 498,940円
■平成23年・年間寄付金総額 379,440円
■平成22年・年間寄付金総額 653,820円
■平成21年・年間寄付金総額 423,020円


環境への取り組み

私たちは、日々の業務を通じて、資源の無駄遣いをしないよう、省エネルギーに常に努力しています。

eco01. エコドライブ宣言
社用車の使用によるCO2排出量を抑制するために、エコドライブを実施。「エコドライブ宣言」シールを作成し、各車輌に貼付。アイドリングストップ、急発進、急停車に注意することにより、燃費向上とともに交通事故防止に取り組んでおります。

eco02. エコ救急箱
地球のエコを思い、紙で作られたエコ救急箱(ダンボール製)。
破棄するときはシートに戻してリサイクル。取っ手は燃やしても有害物質の出ない繊維を使用しています。

eco03. オリジナルエコバック
オリジナルエコバックを作成し、お客様にお配りすることで、社員だけでなく、お客様や社会全体のエコに対する関心が高まるよう取り組んでおります。

eco04. 無駄見なおし隊
各部署から一人ずつ集まって作られた「無駄見なおし隊」。定期的に集まりテーマを決め、まずは身近なことから経費削減に取り組んでいます。宅配業者の見なおしによるコスト削減、エアコンの温度設定やフィルター清掃の実施確認による電気使用量の削減、車輌燃費コンテスト実施によるガソリン使用量削減など、環境にも企業にとってもやさしい、うれしい成果を上げています。

page top

コンプライアンス

私たちは、「健康」「笑顔」「お母さまの愛情」をお客様にお届けするをモットーとし、ご家庭とそこに住む一人ひとりの健康としあわせに役立つ企業、ご家庭の健康としあわせにとってなくてはならない企業として、社会のお役に立てることをめざします。
社員全員が、この考えを正しく理解し、各自の職務において常に発揮できるよう、全社をあげてコンプライアンスに取り組んでおります。

社員教育の徹底

社員教育制度以外に、自主的に参加できる社員の勉強の場として布亀道場の開催、ブラザー制を導入するなど、綿密な教育を行っております。
社員からの意見を取り入れる場として、目安箱や「メール相談室」を開設しております。

page top

布亀ってどんな会社?(会社概要)

布亀ってどんな会社?(トップ)事業内容布亀置き薬ものがたりCSR採用情報

◆インターネット【布亀オンラインショップ】で24時間ショッピングができます。
http://shop.nunokame.co.jp/

page top